エネマ蔵

性的探究心に突き動かされた僕らのエネマグラ体験コラム集

眠れぬ夜に寄り添う恋人

今年の干支、酉を絡めたおめでたいエネマなぞかけをひとつ。

あっさり醤油ラーメンがウリの人気店とかけまして

肛門の快感とときます

そのこころは 鶏だし(取り出し)に思わず唸ります

はてな界の食べログ1位こと、エネマ蔵のエネマリックです。今年もよろしくお願いいたします。

昨日はコーヒーを飲み過ぎたためになかなか寝つけず、布団のなかで冷えて萎んだ玉袋を撫で付けながら悶々としておりました。

こういうときに一緒に添い寝してくれる人が横にいてくれたら・・・

我らが白い恋人、エネマグラはそんな心のANAをそっと埋めてくれるのです。

性への探求に積極的な私は、それこそエネマ蔵のオーナーにエネマを与えられた当初は、文字通りサルの如く(サルがアナルを好んで責め立てるかどうかは知らないけれど)活動に励んでおりました。

しかしながら近頃は私生活の忙しさに加え、時間をかけた自慰に不向きな冷え込む気候だというのもあってエネマ挿入もずいぶんとご無沙汰でした。

前回の8月18日の記事の執筆以降は、記憶のかぎりでは一度しか挿入しておらず、それからもう4か月は経ったでしょうか。

己の活動に対する怠慢を反省すると同時に、私は一方でこのブランクにある希望を見出していました。

かつてネット上で読んだエネマグラのレビューで、「最初はうんともすんともいかなかったが、久しぶりに思い出したように試してみると急に峠を越えることができた」という趣旨の文章を覚えていたからです。

ネット上でのエネマレビューは明暗がはっきりと分かれており、それが才能の差なのか努力の差かは分かりませんが、購入後ずいぶん経ってからの成功談というのは我々に勇気を与えてくれますね。

そんなこんなで手早く仕度を整え、今まで通りスムーズに、無事に無痛で挿入に至りました。

体で覚えたことは決して忘れませんね(^_-)-☆

ちょうど先日新たな教本として大島薫大先生の著書が届いていました。

f:id:r1ckey:20170109065104j:plain


イメージを膨らませることによる補助効果を期待してこちらを読み耽ることにします。

姿勢はうつ伏せ。おしりにはエネマ。冷えますので上から掛布団をふんわり掛けます。

はたからは寝る前に少し布団に入って読書しているようにしか見えません。

これなら実家暮らしでオカンが様子を見に来ていても安心(^_-)-☆

勝手に入ってくんじゃねえよババアの不孝者リリックでお茶の子さいさいです。

読書に集中しながらも、あくまでPC筋を動かすことは忘れずに。

「ア○ル開発を続けると最終的にアナ○○ックスにたどり着く(p55)」の項を読み進める頃になにやら股間に疼くような感覚が起こり始めました・・・!

-----

しかしライターの悲しい性(さが)とでもいうべきでしょうか。

我々は平生からこのブログでのエネマグラ成果報告という義務に縛られています。

ゆえに己の体に”成果”の兆しが見えた途端に「記事ネタktkr!」という雑念が脳裏を駆け抜けることを、誰が責めることができましょうか。

それは本来リラックスして取り組むべきANAニーにとってまさに天敵・・・。

かくして私の開発はそれ以上の深部には至りませんでした。

次のエネマチャレンジではこの反省を糧に、よりリラックスした精神状態を心掛けようと思います。

昨夜の報告は以上です。