読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネマ蔵

性的探究心に突き動かされた僕らのエネマグラ体験コラム集

3.8回目。メスイキの可能性。

エネマ蔵の読者の皆さん、こんばんは。

ライターの小心者の方、エネマカワだぞ!

今回も僕はエネマグラを使わずに指を使った。

エネマブログとは一体…

エネマグラから逃げている訳ではない。

ただ今はエネマグラという器具よりも自らの前立腺に興味があるのだ。

前回の3.5回目の指入れの際には前立腺を正確にタッチすることが出来なかった。

このままエネマグラを使ってもいいのだろうか、いや良くない。

僕はまた指で前立腺を探ってみることにした。

 

実家から拝借したゴム手袋をし、指とANAにローションを塗る。

やはりANAは出る場所なので入ってくるものは拒む。

しかし毎回入りやすくなっている僕のANAがそこにはあった。

多少苦労するものの、ローションで滑った僕の指はANAにスルリと吸い込まれていった。

 

前回も書いた気がするが、第一関節を入れて前の方に曲げた辺りにあるのが前立腺だ。

他の腸壁とはちょっと手触りや感覚が違うらしい。

 

僕は指を入れ、曲げてみた。

何かコリコリする小豆大くらいの大きさのものがあったような気がする。

この辺りは色々な器官があり、正確にタッチするのは難しいそうだ。

(参考:【アナラー必見】「前立腺の位置」間違って覚えてませんか? | ドライオーガズム研究部

上の参考ブログにあるのだが、前立腺は自分から見てやや左側にあるそうだ。

今回はちょっとだけ左を意識して触ってみた。

多分さっきタッチした小豆大のものが前立腺で間違いないだろう。

 

中指をクイッと、前回より力強く曲げてみた。

 

変な気分だ。

前回は痛さ2、気持ちよさ8と書いた。

今回は不快感4、痛さ2、気持ちよさ4といった感じだった。

痛気持ち良いのだが、何となく不快感があった。

これを開発すれば気持ちよさ10になるのであろうか。

 

----------

 

…ちょっとまってくれ。

 

僕が今していることは前立腺マッサージでいいのだろうか?アナニーなのか?

少しその辺の線引が曖昧になってきた。

僕らが目指しているところはエネマグラにより前立腺でのメスイキだ。

僕が今していることは一体何なのだろう。

冷静になってしまったら負けだとは分かっている。

しかし冷静になって考えると親が泣きそうなことをしていることに気付いて泣きそうになる。

----------

 

と、脱線したが、今回は更に自分のイチモツの包皮を剥いて触ってみることにした。

 

一切反応がない。

 

どうやら、「前立腺を弄る=気持ちがよい」という図式がまだ脳内に刷り込まれていないのだろう。

いずれメスイキが出来るレベルになったら前立腺に触れるだけで膨張するようになるのだろう。

その日を楽しみに僕は前立腺の開発に励むのだ。