エネマ蔵

性的探究心に突き動かされた僕らのエネマグラ体験コラム集

3.5回目。指で感じるポテンシャル。

前回から慢性前立腺炎に対する恐怖が拭えず、泌尿器科行きも覚悟したエネマカワだ。

今回は4回目といきたかったところだが、セルフ触診という意味合いも込めて、指をANAに入れてみることにした。

エネマを使わなかったのでノーカウントにしたいところだが、0.5回とさせてくれ!(勝手にしろ)

さて、慢性前立腺炎疑惑の僕。

前立腺を指で触ると痛みがすると前立腺炎らしい。

ただ、前立腺の痛みが無い場合も慢性前立腺炎に当てはまることもあるそうだ。

 

よくよく考えると自分の前立腺がどこにあるのか意識したことってあるだろうか?いや無い。読者の皆さんもわざわざ自分の指で前立腺を確認したことがあるという方は少ないのではないだろうか?

 

そこで、今回は自分の前立腺がどこらへんにあるのか、そして痛みがあるのか、それについて調べてみることにした。

エネマグラは一回お休みだ。

 

エネマリック氏に聞いたところ、前立腺の確認は立位が良いらしい。

それに従って、僕も立った状態でゴム手袋をし、中指にローションをベタ塗りしてANAに入れてみることにした。

前回のエネマチャレンジでANAがガバガバになった不安があったが、今回指を入れようとすると見事に跳ね返した。

 

第一関節まで入ったかな?という程度だった。

 

ここで僕はM字開脚することにした。

 

少し腕が痛かったが、M字になった僕のANAは中指をするりと飲み込んだ。(とはいえやはりそれなりに苦労はした)

 

第二関節くらいまで入った。

クイッと中指を前方へ向けて曲げてみた。

 

痛い。いや、痛気持ち良い。

どっちなんだろう。

痛い2、気持ち良い8くらいの感じだろうか。

 

果たしてそこが前立腺の性格な位置だったのかは分からないが、確実に痛気持ち良い感覚がそこにはあった。

 

女性のGスポのように触った感じが少し違うと聞いたことがあるが、ゴム手袋をしてローションまみれの自分の中指では確認が出来なかった。

また、前立腺はぽっこりとした感覚があるらしい。

猿でも出来る!男の「前立腺マッサージ」(前立腺を刺激せよ!)|panpanより)

僕はそれをちゃんと確認する前に終えてしまった。

 

実質5分あったか無かったか。

 

とにかく僕が感じたのは「痛気持ち良い」という感覚だけだった。

この痛気持ち良い、というのが悪いのか良いのかは分からない。

本来は何も感じないのか、気持ち良いと感じるのか。痛気持ち良いというのが正常な感覚なのか。

どうなのだろうか。

 

しかし、前回のエネマチャレンジ3回目で感じた「ちょっと気持ち良い」というのと、今回の「痛気持ち良い」ということから、僕には果てしない前立腺へのポテンシャルを感じることが出来た。

 

今後のエネマライフへ弾みがついた3.5回目の指遊びだった。