読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネマ蔵

性的探究心に突き動かされた僕らのエネマグラ体験コラム集

【高校化学】両性元素の覚え方、みんな覚えてる?(エネマリック)

私のハンドパワーでこの白い棒を目の前から消してみせましょう!どうも、エネマリックです。

前回の記事の続きです。未読の方は下のリンクからどうぞ!

男には 覚悟を決める 時がある - エネマ蔵

-----

エネマを受け取った私は早速準備に取り掛かった。

半月ぶりに湯船に湯をためて浸かり、入念に穴を洗う。ウォシュレットでさらに洗う。

こういったオトナの遊びには衛生面の管理が不可欠だ。それは思わぬ感染の予防でもあり、当人の心の準備のためでもある。

私はTwitterのTLをチェックし、相方のエネマガワ氏の動向を窺った。

事の起こりは氏の誕生日プレゼントにエネマが贈られたことにあり、私は所詮そのおまけ。氏の先を越して初体験することは私の気持ちが許さなかったのだ。


エネマガワ氏の初挿入失敗の報を見届けて、私はパンツを下す。

エネマを手に入れる前からシミュレーションしていた通り、お気に入りの催眠音声(詳しくはググってほしい)をiPodに移して耳に当て、ベッドに横たわる。

スマホの電源は切った。

気持ちを落ち着かせることがANAニーの最重要ポイントだと心得る私はまだエネマを手に取らない。

心を無にして音声に集中し、深呼吸を繰り返すこと早20分。

恐怖心と興奮のせめぎ合いを完全に抑えることはできなかったが、下準備は整ったと判断した。

常用している夜の帽子「バタフライ」をエネマにかぶせ、ぺぺローションをなじませる。もちろんANAにもだ。JALが少し寂しそうにこちらを見ていたが、見て見ぬふりをした。

ハウツーサイトのマニュアル通り、利き手を上にして横向きに寝る。

そそり立つ白茎を濡れそぼるANAにあてがう。

この感覚は、小学生のときに熱を出して座薬を入れてもらったとき以来かな、と思いを巡らせる。

見下ろす若かりし頃の母親の幻影を振り払う。いけない。雑念はANAニーの大敵だ。

ゆっくりと白茎を押し進める。幸い今のところ痛みはない。

気が緩んだのが先か、ANAが緩んだのが先か。

エネマは私のANAに吸い込まれていった。

-----

皆さんは高校化学で両性元素(アルミニウム、亜鉛、スズ、鉛)を暗記する際によく用いられる語呂をご記憶だろうか。

私はこう習った。

あ あ すん なり と
Al Zn Sn Pb

まさにすんなりと入っていったのだ。

私は自身のANAの才能を確信するとともに、自分のガバガバさが悲しくなった。

道程を捨てるのに20余年も苦労したというのに、ANAのほうはかくもガバガバだったのかと。

エネマカワ氏が初回で挿入にすら失敗した事実にむしろ私は嫉妬した。

-----

難なく挿入に成功した私だが、肝心の前立腺および直腸の快感については皆無だったことをここに報告する。

これは想定内のことで、まだ 小生 感帯として開発されていない状態では器具を挿入したところで快感は得られない。

根気よく挿入を繰り返し、的確に前立腺を刺激することによって夢のANAニーライフは完成するのだ。

今夜は無事に挿入ができたことを喜ぼう。

・・・そう思ったのだが、私はふと、ある疑問に心をとらわれることになる。

(まだ続く)